【練習着.jp】メルマガバックナンバー(2020年7月発行分)

 練習着.jpの立間康司です。

 練習着.jpで商品を購入していただいた方を対象に毎月1回発行しているメールマガジンをTATSUMA F.C.ではバックナンバーとして一部公開します。


◆練習着.jp通信(2020年7月号)◆

◎各国リーグ再開!次の問題は遠征の移動


◎各国リーグ再開!次の問題は遠征の移動

 先月からイングランド、スペイン、イタリアでもリーグ戦が再開されJリーグも再開されました。

 無観客ではありますが、一歩前進と見て良いと思います。
 今後は人数制限がありながらも徐々に観客数を増やしていく予定になっていますが、気になるのは遠征での移動です。

 現在のJリーグの対戦カードを見てもわかるように、なるべく近県クラブでの試合が組まれています。

 ホーム&アウェイとなると、長距離移動は避けられません。選手やスタッフの移動はもちろんのことサポーターの移動も含まれます。

 ヨーロッパの主要リーグを観るとホーム&アウェイでの開催は無観客であれば今のところ問題なく行えているようです。

 浅野拓磨選手の所属するセルビアの国内カップ戦の準決勝が行われた時、約2万人の観客を入れて開催した試合もあります。

 選手に感染したという報道もなく、感染対策をしっかり行っていれば普通にサッカーは出来るという認識を私は持っています。

 ゴールセレブレーションでも再開当初は、肘でのタッチが多かったですが、最近の試合では選手同士が喜びを爆発させて抱き着いたりしているので、少しずつ戻ってきているなと感じています。

 8月からはUEFAチャンピオンズリーグ、UEFAヨーロッパリーグが再開されるようですが、国境をまたいでの移動が避けられない中、どのような対策を取っているのか注視していきたいですね。

 ヨーロッパのモデルが今後のサッカー界の指標になるのは間違いなさそうです。