【練習着.jp】メルマガバックナンバー(2019年11月発行分)

 こんにちは。練習着.jpの立間康司です。

 練習着.jpで商品を購入していただいた方を対象に毎月1回発行しているメールマガジンをTATSUMA F.C.ではバックナンバーとして一部公開します。


◆練習着.jp通信(2019年11月号)◆

◎海外リーグ日本人得点王は?


◎海外リーグ日本人得点王は?

サッカーの醍醐味はゴールシーンだと思っています。

海外で活躍する日本人選手が増えてきた中、
ゴールという明確な結果を出している選手について調べてみました。

今回はヨーロッパ主要リーグで見た場合です。CL、EL、カップ戦は除いた、
2019年11月第1週までに開催された試合を対象に算出しています。

1位.6ゴール
森岡亮太(シャルルロワ/ベルギー) 出場試合数:13

2位.4ゴール
奥川雅也(ザルツブルク/オーストリア)出場試合数:8

3位.3ゴール
岡崎慎司(ウエスカ:スペイン2部)  出場試合数:11
大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)    出場試合数:5
南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)出場試合数:10
中村敬斗(トゥエンテ/オランダ)   出場試合数:9

以上のような結果となりました。
あくまでリーグ戦でのここまでの結果なので一概にはいえません。

例えば南野選手はCLで、リバプール相手にゴールを奪っています。
カップ戦も合わせ公式戦というカテゴリならここまで6ゴールと
日本人トップタイの好成績です。

チームによっては週2日の過密日程の関係でローテーションを採用しているところもあり、
リーグ戦では控えに回る選手も出てきているので、
あくまで目安の参考にしてください。

日本代表経験者で純粋なFW登録選手で結果を出しているのは、
岡崎選手と大迫選手だけというのも非常に気になります。

2列目が主戦場の南野選手、森岡選手のゴール数が増えているのは
チームとして攻撃が機能していると推測します。

また若手で結果を出している、奥川選手、中村選手の
今後の活躍を期待せずにはいられません。

クラブで結果を出すことが、日本代表にもつながるように
結果と出している選手の数字を見ていくと、
もう1段階深い位置でサッカーを楽しめるかもしれませんね。